加齢とともに肌が黄色くなったら黄ぐすみかも


黄ぐすみとは、真皮が変色することにより皮膚が黄色くくすんでくる症状のことです。
お肌のお手入れを適当に済ませているとまだシミの気にならない30歳前ぐらいから黄ぐすみが目立つようになってきます。
黄ぐすみの進行した肌はどんよりして透明感がなくなり、肌全体が硬くなってハリがなくなるので、メイクでは隠しきれない年老いた印象を与えます。
いつもより暗めの色や黄味よりのファンデーションをお勧めされたり、ピンク系のチークを付けると似合わなく感じてきたら注意して下さい。
黄ぐすみが悪化している状態と言ってもいいでしょう。

カルボニル化と糖化が黄ぐすみの原因に

真皮層のタンパク質が脂質の分解物と融合すると黄色っぽい色になる状態を「カルボニル化」といい、このカルボニル化が黄ぐすみの最大の要因であることが実証されています。
カルボニル化は、紫外線が引き起こすダメージ、環境汚染物質やストレスによる活性酸素、栄養バランスの乱れた食生活などが原因で起こり、シワやタルミができる原因にもなっています。
さらに、タンパク質が糖と合わさって変性する「糖化」も黄ぐすみの原因といわれています。
老化とともに代謝がダウンしてくると、これら変性たんぱく質がますます溜めこんでいき、「黄ぐすみ老化肌」が完成するのです。

黄ぐすみ改善ケア

真皮層がカルボニル化によって色が変わると元に戻すのは難しいと言えます。
でもそのまま放置してはさらに悪化してしまいます。
私は30前から黄ぐすみが目立つようになって、35歳の時にファンデーションをイエローベースのものにしたことがあります。
でも40目前の現在では黄ぐすみが改善され以前に使っていた明るい標準色になりました。
黄ぐすみを改善するお手入れはシミやメラニンぐすみにも効果があります。
黄ぐすみが気になってきた方は次にあげることを参考にお手入れしてみて下さい。

スキンケア編

一番大切なのが、保湿をじっくりと行い、肌を柔らかくして潤いのある状態に保つことです。
保湿を無視していかなるお手入れも効果を出すことはできません。
それぐらいスキンケアの中での保湿というのは重要なポイントなのです。

また美白効果に優れた美容液やパックでお手入れするのも効果的です。
ビタミンC、フラーレン、プラセンタなど効果が期待できます。
他にもさまざまなメーカーが開発したオリジナルの美白成分を売りにしている商品もあるのでトライしてみるのも良いかもしれません。
日頃のお手入れも大事なのですが、3日とか1週間と継続して集中ケアをするとさらに効果的です。
私は黄ぐすみ対策として家でイオン導入器を使用したり、パックをしたりして集中ケアしましたが、透明感が上がってお肌がしなやかになり、艶のある感触に変わりました。
ひとつ注意してほしいことは、過度なお手入れで肌をベトベトさせないことです。
また新しいシミやくすみの原因を作らないためにも、UVケアはしっかり必ずおこなっていきましょう。

食生活編

食事の内容においてはここにすべて書けない程いろいろありますが、最も注意して欲しいのがオイルです。
火を使った料理の時は、酸化を抑えるオリーブオイルやココナッツオイルを使いましょう。
ドレッシングには、亜麻仁油やえごま油もオススメ。DHAやEPAの含有量が多い青魚も率先して使うようにしましょう。
黄ぐすみをもたらすカルボニル化を進行させるオメガ6系の脂肪酸、紅花油やコーン油、ひまわり油、菜種油、大豆油、サラダ油は過剰摂取しやすいですので、控えるように努力しましょう。

生活習慣編

程良いエクササイズやストレッチをする、入浴はシャワーだけにせず湯船に浸かるなど、新陳代謝を高めるようにするといいでしょう。
また、疲労感やストレスはカルボニル化を増進させます。
適度な睡眠を取り、イライラや不満などのストレスをためずに心が落ち着く環境を作るようにしましょう。
岩盤浴やマッサージもリラックス効果があったりストレス解消にもなるのでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です